being qua being

情報的な何かと政治的な何か

集団がより良い決断をする方法

社会が正しい意思決定をする際には多様性と議論が必要であるということを実験で説明しています。
集団の意思決定が必ずしも正しいことは保証されませんが、少なくとも合意に至るためには「ロバスト平均」である必要があります。

人間はそれぞれ異なった価値観を持っていますが、集団になったときにそれぞれの考えを受け入れるだけの心を持っています。
多様性を反映すること、そして集団が議論すること。
この2つが社会のより良い決断を導いていくのです。