being qua being

情報的な何かと政治的な何か

文章は下手だけど、書いていきたい

これまで少なからずブログをやっていたが思いの丈を書き散らすことはあまりなかった。
誰かの役に立つ有用な記事を書きたいと思って何時間も掛けて書いたりしていた。

感情や考えたことを書き散らすのは一種の害だと思っていた。
自分の考えを適当に書いても他の人にとって何の役にも立たない上に大抵の場合、内容が薄いと思ったからだ。


だが、昨日から自由に書き散らさせてもらうことにした。


職業ブロガーになるつもりはないにも関わらず、PVを狙った記事を書くことの無意味さ。
誰かの役に立っているかどうかは他人が判断することにもかかわらず、
自分が「これは誰かの役に立つ」と思って提供することの傲慢さに気づいたのだ。


だからこれからはとにかく、思ったことを書いていきたい。
それをどう判断するかは読者の皆様にすべて任せるのが本当の自由だからだ。