being qua being

情報的な何かと政治的な何か

一軒家はもちろん分譲マンション住まいの家庭も新電力で電気代を節約!

新電力って何?

1月から新電力の契約が始まるために新電力各社の攻勢が始まっている。
しかし、新電力への切り替えを本格的に考えている家庭はそこまで多くないだろう。
うちの母親も「よくわからないし、マンションだからできないんじゃないの?」と言っていたがそんなことはない。
マンションでも安い新電力業者を選ぶことももちろんできるのでぜひぜひ新電力にチャレンジしてほしい。

kakaku.com

賃貸の場合は大家さん、管理会社の許可が必要

最初にチャレンジしてほしいと書いてしまったが、最初にいっておかなければならないことがある。
アパートやマンションが賃貸の場合はメーターボックスが共有施設であるため、許可なしにメーターの交換はできないのだ。
あくまでもお願いという形で大きな改造や工事は必要ないことを説明した上で大家さんや管理会社と交渉する必要がある。
メーターを交換したのちに転居した場合は原状復旧することを説明すれば無下には断りにくいはずである。
Let's Try!!!

分譲マンションでもほとんどの場合は新電力と契約できる!

「新電力 マンション」などの検索ワードで調べてみると、「法人・マンション一括契約向け新電力(PPS)」という言葉が踊る。
ついつい多くの方は諦めて調べるのをやめてしまいそうだが、やめないでほしい。
これは新電力会社が大規模マンションに高圧で電力を一括購入してもらうことで、事業者のように割安で電気を買うことができるという仕組みである。

こうした一括契約を結んでいるマンションの戸数は毎年30%づつ程度増えてはいるが主流ではない。
一括契約による電力を購入しているマンションはトータルで見ても40万戸と全国のマンションのストック戸数623万戸と比較するとわずかに7%程度である。*1
多くのマンションでは一般の住宅と同じように各家庭で新電力との契約が可能なのである。

どのように新電力業者を選べばいいの?

新電力業者は石油、ケーブルテレビ、鉄道、商社など幅広い事業者が積極的に売り込みを行なっている。
もはや「新電力戦国時代」の模様を呈しているが、その甲斐もあってかどの業者お得な価格設定になっている。
家族構成やライフスタイルに合わせた契約が可能になることはもちろん、新電力の契約をすることでガソリン代が割引されたり、携帯料金が割引されるといったサービスがセットになっている。
また、再生可能エネルギー由来の電力のみを購入するといった理念に合わせた契約をすることも可能になる。

例えばソフトバンクの「FITでんきプラン(再生可能エネルギー)」などだ。
www.softbank.jp

それぞれが思い思いの新電力業者と契約することができることがメリットだ。

価格.comには新電力専用の比較サイトがある!

価格コムでは新電力のための比較サイトを公開している。
住所、家族構成や現在の電力契約状況を入力すると各社のプランおよび年間の削減額が表示される。
4人家族の場合であれば年間に7000円から1万円電気代を削減できるはずだ。
kakaku.com

現在はまだ比較できる業者は限られているが今後さらに多くの新電力業者が参入してくる。
実際の契約開始は4月なのでまだまだ十分に検討しながらお得なプランを考えてみるといいだろう。