being qua being

情報的な何かと政治的な何か

TOEIC860点を目指すために英字新聞(The Japan Times ST)の購読を始めました

f:id:hapwish:20150714225112j:plain

これまで5回ほどTOEICを受けていますが、350点、520点、700点、840点、825点と、ここ2回ほど伸び悩んでいます。

とはいっても840点の頃は3年ほど前。就職活動でいいスコアを履歴書に書こうと思い勉強したために伸びていますが、危機感のない社会人としてのここ数年を経て、久しぶりに受けてみたら案の定点数は落ちていました。

しかし、ここにきて窓際まっしぐらの私は、上司より「860点を取らなければ貴様は離島送りの刑に処する」と宣告されてしまったため、どうしても次回のTOEICでは成果を残さなければなりません。

これまでに何冊かのTOEIC問題集を買ってきましたが、擦り切れるまでやり尽くした参考書は一冊もありません。
受験勉強の時は単語帳が擦り切れるまでやったのですがね。

勉強したいのはやまやまなのですが、勤務中に勉強するわけにもいかず、家に帰ればゲーム三昧のため勉強できません。

そこで英字新聞の購読を始めました

理由になってませんが続けさせてもらいますと、
ジャパンタイムズは難しいのと、毎日届くと絶対に読まないのでやめました。
今回私が購読し始めたのはジャパンタイムズSTという英語学習者向けの英字新聞でウィークリーのためあまり負担になりません。
とはいっても今週で4週目なのですが、早速1週分溜まってしまいました…

電車で読もうと思って朝持っていっても、もうろうとした意識のなかでは読めません。
昼休みに読もうと思っても、ネットサーフィンをしてしまい読めません。
帰りの電車では疲れているのと、忘れているので読めません。

これまでに2回ほど会社に持っていっていますが一度もカバンから出すことがなかったためやめました。

もう諦めて気が向いた時によむことにしました。
あとは自発的にカフェで読むなどと決めて絶対にそういう機会を作ることが必要ですね。
誘惑にはすこぶる弱い私ですが、遅れながらも読み進めています。

内容は以外と面白いし、なかなかボリュームがあります。
英文が嫌いになるのは単語などの意味が簡単にわからないからだと思いますが、その点、難しい単語はちゃんと日本語の補助があるので読み進められます。*1

取り扱われてる内容も、日本のニュースは普段から耳に入りますので、その英語版であれば理解がしやすいですし、会話形式の記事や英文法、TOEIC、ニュアンスの違いについてなど様々な切り口から英語が勉強できるので意外と面白く読めます。

ちゃんと2ヶ月目も続くように頑張っていこうと思います。(半年先払いしてるんで)

*1:個人的には単語の上に日本語が書いてないのが素晴らしいと思います。アマゾンのKindleのように英単語の上に別の解説が書かれると、最初から単語の意味を考えずにそちらの訳を読んでしまうからです。