being qua being

情報的な何かと政治的な何か

ロードバイクのパンク修理道具も100円均一でだいたいそろう

ようやく100キロくらい走ったところで、いろいろと必要な物がでてきた。
そのひとつがパンクした時の修理ツールである。

パンク修理キットも100円均一で手に入る

都会で走っている分にはいくらでも修理できるが、長距離を走っていたり、夜中などにパンクした時はとても困る。
そのためこんな感じのパンク修理のキットが販売されている。

PARKTOOL(パークツール) パッチキット VP-1C

PARKTOOL(パークツール) パッチキット VP-1C

Panaracer(パナレーサー) イージーパッチキット [パンク修理パッチ] RK-EASY

Panaracer(パナレーサー) イージーパッチキット [パンク修理パッチ] RK-EASY

だいたい350円程度と安価だし、特にパナレーサーのイージーパッチはパンクの場所さえ分かれば、パッチを貼るだけで修理することができるので便利だ。
ただこのセットにはなぜだか修理に絶対に必要な「タイヤレバー」がついていない。
なので結局こんな感じのタイヤレバーセットを購入する必要がある。
Panaracer(パナレーサー) タイヤレバー [3本セット] PTL

Panaracer(パナレーサー) タイヤレバー [3本セット] PTL

しかし100円均一に売っているパンク修理キットはフルセット!超お得商品なのだ。
f:id:hapwish:20150318225506j:plain
私はこのようにしてビニール袋に100円均一のパンク修理キットを入れている。
ゴムのりなどにもちゃっかりと「日本製」の表記も見えるというなかなかの商品。

パンクした時は手軽にチューブ交換

f:id:hapwish:20150318225822p:plain
まあしかしながらいくらパンク修理キットを持っているからといって、パンクの位置を探すのにチューブを水を張った桶にいれて確認するのも面倒であるし、なにより時間がかかる。
そこで多くの人はチューブ交換して凌ぐことが多いようだ。
私もこのようにラップに包んで空気に触れないように、そして擦れて破けないようにしている。

まだ一回もパンク修理やチューブ交換をしていないのでいざという時にちゃんと修理することができるかわからないが、備えあれば憂いなしということでしっかりとその時に備えたい。