being qua being

情報的な何かと政治的な何か

独学で極める簿記検定2級・3級試験対策

絶対に参考にすべきサイト

1つは簿記を勉強する人なら絶対に1度は見るであろう「簿記検定ナビ」である。
おすすめの電卓から勉強予定表、試験日の持ち物チェックリストまで至れり尽くせりなサービス精神が独学者にはとても嬉しい。
またどうしても理解できない問題があれば掲示板で聞くこともできる。
しっかり管理されているので荒らしや広告なども目にはいらないのが非常に好感だ。

【日商簿記検定の情報サイト】簿記検定ナビ
このサイトの情報量は他を圧倒している。
特に試験問題予想は役に立つ。受験直前には大手予備校の直前模試や教本と照らし合わせることでより精度の高い予想をして備えよう。
またサイトを見れば過去問の分析もされているので自分で出題傾向を研究する必要がない。

参考書でもおなじみパブロフ君のブログも非常に分かりやすい。
特に初心者泣かせの「為替手形」は「振り出した」「引受をした」「受け取った」という3つの視点から分かりやすい解説を加えてくれる。
このブログで分からなかったポイントを調べれば大抵のことは理解できる。あとは問題を解くのみ。

新パブロフくんが日商簿記2級、3級を目指すブログ

もうひとつが通称:犬簿記、「犬でも分かる!無料簿記講座」である。
私が2級を受ける際にもこのサイトで3級の復習をさせてもらった。
このサイトは基本的な事項を抑えているのでまずざっとこのサイトに目を通してから、参考書を買うかどうかを決めてもいいと思う。
このサイトと過去問題集、もしくは前出の簿記検定ナビおよび大手予備校の過去問解答を組み合わせれば無料で2級くらいまでは取れるだろう。

犬でもわかる!無料簿記講座|3級2級の独学者応援サイト

簿記3級なら絶対にStudyProを使おう(2015/02/19追記)


こんな素晴らしいサイトが無料というのが本当に驚きだ。このサイトとパブロフくんのアプリ、過去問演習で十分合格できる。たったの400円学習コースの出来上がり。

簿記とは仕訳である

簿記の全てが仕訳問題ではないが、ほぼすべてが仕訳であることは確かなようだ。
合格者は口をそろえて次のように言う。

個人的な感想ですが、簿記はある時点に来ると飛躍的に点数が伸びます。
ある時点とは仕訳を理解するということです。

http://boki2gokaku.com/

仕訳のミスをなくすことは、 簿記の試験合格のためには必須

http://www.umurausu.info/blog/archives/journalize.html

簿記とは仕訳のことだと割り切れば、少しくらい分からなくても手が勝手に仕分けてしまうくらい練習すればいいだけの話なのだ。
最初は「借方」「貸方」「費用」「純資産」「負債」「費用」「収益」といった知識を理解する必要がある。
しかしその後は問題を解きながら、それぞれの場所をイメージしたり、メモしたりすることで早く解くことができるようになる。
スパルタ式な訓練で仕分けができるようになるのだからこのツールを使わないわけにはいかない。

日商簿記2級仕訳問題 きおっくす装置

日商簿記2級仕訳問題 きおっくす装置

仕分けの過去問についてはこのサイトが丁寧にまとめているので使わない手はない。

日商簿記検定・仕訳問題対策【簿記検定ナビ】


タイトルはホッテントリメーカーを利用しました。*1