being qua being

情報的な何かと政治的な何か

MERRYFAIR(メリーフェアー)のDELPHI(デルフィ)チェアを購入

自宅用のイスをどうしようかと考え初めて早1年。
予算も少ないので(多くて5万円くらい)当初は中古のオフィス用チェアにしようかと考えていたが、結局近所の家具屋で見た MERRYFAIRのDELPHIというチェアを3万9千円で購入した。

MERRYFAIR DELPHI デルフィチェア ミドルバック 布張り バーガンディ色 498MAA49V BL403

MERRYFAIR DELPHI デルフィチェア ミドルバック 布張り バーガンディ色 498MAA49V BL403

長い時間を掛けていろんなイスを見てきたので、それなりにいろんなことを考えてきたつもりだが、やはりチェアは座ってみないとどうなのか分からないなと。購入してから既に3ヶ月程使っているのでこのチェアの感想などもお伝えできればと思う。

このチェアに至った理由

これまで使っていたイスは普通のオフィスチェアというか学習用のイス。長年座ってたのでクッションがヘタり、おしりが痛くなってきた。姿勢も悪いので腰にも負担が大きく、しっかりサポートしてくれるイスを探してた。いろんなイスを座ってみてやはり最も素晴らしいと思ったのは、アーロンチェア。特におしりへの負担が非常に軽く、腰回りのサポートも良かった。

しかしながら、貧乏な私に手がとどくはずもなく、調べてみると中古のオフィスチェアあたりが相応かなと思いいろんなイスに座ってみた。最初に考えたのは研究室で使ってたオカムラのVisconte(ヴィスコンテ)。実売3万5千円ほどなのでお手頃なオフィスチェアだが、正直自宅用にオフィスチェアと言うのはデザイン的にもあまりよくないなと感じ却下。

近くの家具屋で改めてアーロンチェアに座りながら、どうしようかと考えていたところに店員さんがおすすめしてくれたのがこのデルフィチェアだった。この椅子の特徴はやはりデザインだろう。近未来的なデザインは好き嫌いが分かれそうだが、私は一見してカッコいいなと感じた。

実際の性能と使用感はどうなのか

結論から言えばかなり良い。特にふかく腰掛けた時の腰回りのサポート具合が僕にはあっていると感じた。強いて気になるところを上げるとすればクッションがそれほど厚くないため、包み込まれるようなすわり心地を望むことはできないということだ。

当初は机に収納できる肘掛けなしのチェアを探していたのだが、このチェアにはちょっとした肘掛けがついている。と入っても座面よりもだいぶ背もたれ側までしか無いので半分は机に収納することができる。部屋にある程度の余裕があるのであればそれほど気になる問題ではないと思う。

私はミドルバックのものを購入したが、通常の使い方であればこれで問題ない。ただ映画を見る時などはハイバックのほうがよりくつろいだ使い方ができると思う。このへんは好みなのかと思う。

まとめ

結論としては、購入してよかったと思っている。購入してから3ヶ月経ったので当初は固いと感じたリクライニングもこなれてきた。ちなみにロッキングの強弱調整機能がついているが常にもっとも軽い状態にしている。シンクロロッキング機能もついているが、私はそこまでリクライニングを使わないのであまり気にすることは無い。

組み立ては家具屋さんにやってもらったので分からないが、下の情報を見る限りそこまで難しくはないだろう。

メリーフェア デルフィ(MERRYFAIR Delphi)の組立ての様子をご紹介!|激安オフィスチェアの専門店!OAランド http://www.oaland.jp/furniture/merryfair_delphi4.php