being qua being

情報的な何かと政治的な何か

中国旅行で必要な人民元の一番お得な両替法とおすすめ海外旅行保険

まず、中国で使えるお金を手に入れなければならないけど、みなさんご存知の通り成田空港で両替すると手数料がハンパない。正確には手数料じゃなくてレートが著しく悪い。ちなみに今日の人民元レートは、例えばトラベレックスだと、売りが14.77、買いが10.26と出ている。つまり「1元=14,77円で売ってあげるよ!」「余った元は10,26円で買ってあげるよ!」ということだ。

同じく成田空港にお店を構えるGPA外貨両替専門店だと売り14.40、買い10.80で少し良心的だが、今(10年9月26日12:31現在)の人民元レートは12.59(下3桁四捨五入)だから1,81円分高く買わないといけない。その他の両替方法として、FX業者を使って外貨を引き出す方法がある。

確かに可能だけれど、まず口座を作るのが面倒だったり、10000通貨単位という莫大な金額を両替することになってしまったりしてあまり現実的ではない。だから結局は普通の一般人は両替屋さんに頼んだほうが無難である。その中でも一番レートがいいのが今回使ったフロントパレスである。

人民元紙幣の宅配両替フロントパレス(残念ながら閉店したそうです)

http://www.frontpalace.jp/index.html

現状、最もいい方法は日本で両替しないことです。
まず成田空港や羽田空港の両替屋さんをスルーして中国の空港の両替屋さんで1万円くらいだけ両替します。
残りを町中の銀行で両替するのがもっとも手数料を節約できます。
4つ星、5つ星ホテルくらいになればホテルでも市中レートで両替できますが、手間賃を捕られる場合もあるのでチェックして下さい。

大手の両替屋さんではないし、少しあやしいような印象を受けるかもしれないが、実際にスムーズに両替できたので良しとする!ここは、2000元1パックで両替してくれる。
今のレートは1元=13,3円だから26600円+簡易書留代500円で2000元を手に入れることができる。これをもし上記の成田空港で両替すると28800円となって1700円分損をする。スカイライナーが2200円であることを考えるとだいぶ浮かせることが出来るのだ。

ちなみに空港の両替業者は小額紙幣を持っていないので全て100元で支払われるが、こちらで頼めば200元分を50元2枚と10元10枚の紙幣に変えてくれるので、現地からタクシーに乗るときも安心できる。

しかし、一番レートがいいのは中国のホテルで両替することだろう。大体1万円が760〜780元になるので単純計算して760元でも1元=13,15円、780元なら1元=12,9円とかなり実際の為替相場に近いレートで変えてくれる。
ホテルも中国銀行の交換レートなので銀行に行っても同様である。ただホテルでの両替は4つ星、5つ星ホテルでないとフロントで両替ができないことが多いので、貧乏旅行をしている人は「Exchange⇔」という看板を掲げている銀行の窓口でやってもらう。

一番ベターなのは日本で2000元分だけ交換して、向こうのホテルか銀行でそれ以上使うだけ両替してもらう。そして余った元はまた銀行に売って、200元くらい財布に残して空港へ向かって日本に帰るという戦法だと思う。

ネットde保険@とらべる

http://travel.adia.jp/

この海外旅行保険を選んだ理由は単純に一番安いからである。滅多に怪我や病気をするものではないので一番安いので良い。持ち物に高価なものがあったり、どうしても心配性な人はもっと掛金を上げると良いかもしれないが、普通の人はこのくらいで十分だと思う。

ネットでしか申し込むことができないし、この保険を実際に売っているのは保険代理店である。上のアドレスも一保険代理店の保険紹介ページなのだが、検索すると一番上に出てくるこのページから申し込む人はかなり多いだろう。ただ賠償責任と治療費用はもう少し手厚く盛ってくれるともっと安心出来るような気もする。