being qua being

情報的な何かと政治的な何か

店員にコソコソ話されちゃう人の特徴

当てはまる人は店員の間で話題にされてるかもしれません。

わたしは大学生時代コンビニエンスストアで2年間働いていました。コンビニバイトなんて誰でもできて、目新しくないバイトのようですが、発注、清掃、陳列、受け入れ、接客、教育などビジネスで必要そうな泥臭い業務をすべて学ぶことができるおもしろいバイトだと思います。
加えて基本的に地域密着型なので地域のイベントや常連さんの好みによって品揃えを変化させることが求められる創造的なバイトであると思います。そんななかで自分がお客さんとしてサービス業に従事する人に向き合う時に「この人いやだな」とか「こういう態度を取らないように気をつけよう」と思うこともしばしばありましたのでご紹介したいと思います。

ちなみに常連と言うのは店によって色々ですが、コンビニや飲食店なら週3で3ヶ月も着ていれば基本的には常連さんという認識です。買うものや頼むものが大体同じだったりするので結構覚えてます。

店員にコソコソ話されちゃう人の特徴

  1. 顔が無表情→店員も「なんで怒ってるんだろう?」とビクビクします。
  2. 返事が生返事→聞いたことにハッキリ答えない人は大体後でクレーム付けるか、グチグチ言うタイプ。
  3. アゴが上がってる→自然と上から目線になるので印象が悪いです。
  4. 目を全く合わせようとしない→どうしてもキョドっちゃうならしょうがないですが、やっぱり少し目が合うと安心します。
  5. 作業中に次から次へ要求してくる→聖徳太子じゃないので全て覚えられません。
  6. 分からないことを素直に店員に聞かない→素直に聞いてくれれば良いのにと思います。

その人が帰った後店員に悪口を言われる人の特徴

そもそもそういう人は店に入ってきた瞬間に店員が身構えるほど嫌なオーラを出しています。会社ではどういう態度で仕事をしてるのか本当に気になります。

  1. 無言で指差しだけだったり商品を突き出す人→意味が分からないです。何か話して下さい。
  2. 言葉遣いが悪い→「〜ないの?」「〜してよ」「なんで〜なの?」お客さんにもよりますが言い方によっては教養を疑います。

他の店員仲間に「あの人態度が横柄だと思わなかった?」と聞くとほぼ一致してみんな思ってますので、仕事上接する人も、恋人ももしかしたら内心そう感じているかもしれません。

もし、仕事では至って真面目に上司を立てて業績を上げていたとしても、その人が良く店の店員全員に嫌われているのであればその人が行くところ嫌いに思ってる人が結構居る可能性が高いと思うと嫌ですね。

問題は当てはまる人のほとんどがこの指摘を読んでない。または自分のことだと思ってないと言うことですね。*1こればっかりはしょうがないですが、誰に対しても「嫌われるより好かれた方が良い」はずですよね。

―参考

@飲食店で大切にされる方法―@hitoshi annex

http://blog.hitoshi.net/2010/05/%E9%A3%B2%E9%A3%9F%E5%BA%97%E3%81%A7%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AB%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95.html

*1:接客業とか営業経験が無いとそういう傾向になるのかもしれません。