being qua being

情報的な何かと政治的な何か

NikonのD90を購入して約3週間-こんな感じです

やっぱりこれを買った良かったと思います。CanonからKissのX4も出て確かに他の製品も気になる存在ではあるのですが、見栄っ張りな自分にはハリボテであったとしても上面の情報表示液晶やペンタプリズムという初心者にはもったいない機能が魅力的でした。
全く使いこなせてませんが、ただのハリボテだと言われないようにどんどん使っていきたいと思っています。
画像をかなり圧縮してますので元データよりぼやけていますが、初心者の下手くそな写真ですのであくまでも「こんな感じで撮ってます」という程度に思って下さい。
※どの写真もJpegです。最初の3枚目まではRAW+JpegのLで撮影していましたが、最後の方はJpegのMだけで撮影しています。Microsoft office Picture Managerにて自動修正(Picsaにて一部手動&トリミング・効果)の後、1024×680に圧縮しさらにはてなで自動に800まで圧縮されています。


露出時間1/8、焦点距離(35mm)48mm、F4,2、ISO1600、露出オート(-0.67)


露出時間1/800、焦点距離(35mm)105mm、F7.1、ISO1600 露出0.33 効果:Picasaでサチュレーション


露出時間1/1250、焦点距離(35mm)157mm、F9.0、ISO800、露出0 四隅がケラレてますねー


露出時間1/640、焦点距離(35mm)27mm、F3.5、ISO250 露出0 絞り優先


露出時間1/10、焦点距離(35mm)63mm、F4.8、ISO800 露出0 シャッター優先 


露出時間1/50、焦点距離(35mm)93mm、F5.3、ISO400 露出0 絞り優先



レンズのブレ防止機能VRの効果は絶大です。夜景の画像ですが1/10で切ってもパッと見気づかないのではないでしょうか。(実際はどの写真もブレブレですが…)ISOをもう一段階上げればもう少しシャッター速度が稼げますので手持ちでも十分な夜景が撮れるかもしれません。
ただ、ISOに頼りすぎな感じもしてきています。やはりISO800以上にあげると等倍で確認したときに結構ノイズが出ることがわかります。ディテールも落ちると言われてますが800までは大丈夫だと思います。
本当は元データで載せたかったのですが、あまりにも巨大なファイルになってしまうので断念しました。そして、2度も圧縮掛けたJpegでもやもや画像になってしまい本当に申し訳ないと思います。

画質をあまり下げないでもやもや感を取る…これは背反するみたいですね。しょうがないです。