being qua being

情報的な何かと政治的な何か

同じコンサルタントでも求められるスキルが違うということ

自分はプロフェッショナルファームで働いている。
専門職に近いコンサルタントを名乗っている。
専門的なため市場価値もまあまああるようで、それなりのフィーを貰える。

ある日いわゆる戦略コンサルタントとして働いている人間に出会った。
有名な戦略ファームの出身であった。
どんなことをやるのかと訊ねたら、ケース面接でもやってみるかと聞かれた。


話には聞いたことがあったし、ロジックを組み立てるのもそこまで苦手ではない。
そこでひとつ問題を出してもらった。

「ある自動車メーカーの海外売上を5年で倍増させるためにはどうすべきか」

海外売上を5年で2倍にする。直感的には達成することは難しいと思うが、
そんなことは聞かれていない。


私はこう考えた。売上=数量×価格なので、数量を増やす施策と価格を上げる施策が必要。
数量は地域の拡大と販売セグメントの拡大、価格は高付加価値化によって達成できると。


この回答は不合格だ。
掘り下げが2段階で終わってしまっている。
フレームワークが一切ないまま終わっているので具体的な施策は出てこない。
コンサルタントとして何をすれば良いのかを提示しなければ価値はないのだと。


フレームワークは論理的に考えるヒントになる。
なにも難しいフレームワークを駆使する必要はない。
4Pや3Cといった基本的なフレームワークでも十分で、あとはどれだけ掘り下げられるか。


そう言われたのだが、言われても掘り下げることすらできないのだ。
思考停止状態で問題の分解すら満足にできない。


こういった問題は慣れだと言われたし、そうであると思う。
しかしこうした問題を考える訓練をせずにただ業務をこなしてきた自分は、
本当にコンサルタントなのかと考えざるを得なかった。


プロフェッショナルファームだからといってコンサルタントとしての素質があるわけではない。
経営のコンサルティングとプロフェッショナルファームの「先生」ではこうも違うのかと。


常日頃から自分の頭がつかえてないことには辟易としているが、
ここまで打ちひしがれ、刺激を受けたのは久しぶりだ。


新卒でも転職でも、コンサルティング業務とひとくくりにしてはならない。
経営コンサルティングも中小と大企業では、資金繰りを見るところからやるコンサルティングもあれば、
事業の方向性を決める戦略性の高いコンサルティングの仕事もある。
そこは自らの志向性によるのだが、戦略には戦略のファームがあるのでそれ以外の選択肢はない。


ただ自らの経験から言わせてもらえば、
お勉強が得意でサラリーマン気質が強ければ専門性の高いプロフェッショナルファームが向いている。
弁護士事務所や会計事務所がそうしたプロの集まるファームである。


一方で、ロジカルでフレームワークを駆使した思考が好きなのであれば、
戦略ファームやブティック系経営コンサルティングのファームが向いている。


フレームワークは訓練と慣れの問題なのである程度、お勉強ができる人なら、
ちゃんと対策すればどちらでも行けるのだが、一応頭に置いておくのも良いかもしれない。

何かに悩んだ時はとりあえず性格診断と占いをするといい

災いが多い今年

今年は身の回りで不幸が多発していたので悩みが増えていた。
強がってはいるもののやはりちょっとしたことで不安定になる。
周りから見ればそうでもないように見えるらしいが、本人はいたって深刻だ。


こういうときに女性は友人に愚痴ったり占いに行ったりするのだが、
愚痴れる友人もいないし、占いなんて非科学的なものは信じないタイプなのだ。


それでも揺らぐ心を沈めるために仏教の本やらキリスト教の本やら読んでみたりした。
考え方としてはとても納得できるし、実践したら考え方が変わると思う。
だが、どこか宗教臭いというところに距離感を感じてしまうので信心深くはなれない。


結局問題から少し距離をおいて、あとは時間が解決するものだという結論に至った。
僕があがいたところで劇的に何かが良くなるものではないことだと思う。

それでもやってみてよかったこと

それでもちょっとやってみて心が安らいだことがある。
それが「性格診断」と「占い」である。


性格診断は自分の内面を知るための鏡となる。
占いは今後の指針を一つに絞ってくれる。


自分はこんな性格だと一言で言い切れる人は意外と多くないのではないかと思う。
傍から見た私と、自分が思う私に距離があると心ないことを言われたと感じて、
他人の一言に惑わされて、無駄にストレスを抱えることになる。
自分がこういう人間だということ、特に欠点に関しては把握しておきたい。


今回いろいろな性格診断テストをしてみた中で以下の2つがおすすめだ。

ベンチャーマネジメント社 up-system

www.venturmanagement.com

NERIS Type Explorer 16Personalities

無料性格診断テスト | 16Personalities


up-systemは限定機能の通常版が無料でテストできる。
有料版を購入すればより詳細な診断が可能だが、無料でも十分だと思う。


特に読むべきは短所に関するページである。
無料版でも性格的人格特性における短所については読むことができる。
ちなみに私の短所はこんな感じである。

思い通りにならないと表情には出さないもののふてくされることがある。
いろんなことに目移りする。
計画的に物事をすすめることや系統立てて説明することが苦手。
決めるのが苦手(選択する場面で迷う。選択した後も迷う)。
気分にムラがある。

なんとなくはわかっていたが、ここまではっきり言われると受け入れるしかない。
数字のチェックや単純作業は苦手だし、うまくコミュニケーションを取れてる気がしない。
それでも自分はできる人間だと思っていたところがある。
こういう自分を受け入れた上でどう生きていくかを考えるきっかけになった。


ちなみに私の16Personalitiesの診断結果はINTP−Tであった。
それぞれいろんな性格があるのでこちらも参考にするといい。


こうした性格にもターニングポイントがあるらしく、
性格も足りない部分を補うように能力が伸びていくという。
突然人が丸くなったり、逆に必要なときは人に厳しくできるようになるという。


占いのほうはVOGUEの記事を読んでいたらネット版でタロット占いが出ていた。
それでなんとなくやってみると意外と面白い。
調べてみるとタロットには解釈も含め奥が深いものだという。

spur.hpplus.jp

上のサイトではいろんな悩みに対してタロットからの言葉を聞くことができる。
占いというものは悩みある人のためのものなのだから、
その答えも悩みを抱えた人のためにきちんと答えてくれる。


昔は占いも「誰にでも当てはまるではないか」と思っていたことがあったが、
いざ自分が占いをやってみてわかったことは、
占いの答えが一つの指針となってくれるということが大切なのだと気づいた。


解決策はたくさんあれど、実行するには大変な労力が必要だ。
選択するにも労力がかかるので選択肢は少なければ少ないほどいい。

そこで占いの導く答えというのはその人にとって唯一の指針となるのだ。
その教えだけを守ればいいのだから自分はそれを信じればいい。
いたずらに他の選択肢を考えたりすることなく、正しい道を進むだけでいい。


道を示してくれるという意味では宗教にもかなり近いのかもしれない。
それでもなにもないより頼るものがあったほうが歩きやすいのだ。


だれしも辛い時はある。そんな時に自暴自棄になったり、オカルトに走る前に、
性格診断テストで自分を受け入れて、選択肢を占いという運に委ねることで、
最小限の労力で負の思考から抜けだして歩き出せるなら、こういったツールに頼るのも悪く無い。

運動苦手な人間がフルマラソンを完走するまで【その1】

何かしたいと思っているだけでなにもしてない。
そんな毎日だったので久しぶりにブログを使って企画を立てた。

突然のフルマラソン完走」という目標を立てた。

ランニングが趣味という人はよくいるが、走るのはきつい。
一回走ってもつらいので続かない。
毎回そうやって三日坊主どころか一日坊主を繰り返してきた。

そんな人はたくさんいると思うので、自分と同じくらい怠惰な人間でも
一緒にやろうよと声をかけたつもりでちょっとチャレンジしてみる。

まず、フルマラソンを走ったという人は身の回りにも少なくないが、
実際に走ったことがない私でもわかる。

相当きついは・・・

楽にフルマラソンを走りきれる方法をリサーチしてからトレーニングすることにした。

とにかく事前のリサーチ


まずはグーグル先生に聞いてみるのが一番いい。
フルマラソン トレーニング - Google 検索

フルマラソンの場合、前半で早く走ってタイムが良かったとしても、20キロくらいで限界が来て、残り10キロを歩かなければならないと、結局タイムが落ちる。

http://number.bunshun.jp/articles/-/82773

サブ4狙うならキロ何分と言った情報は必要ない。
とりあえず完走することが目標だからだ。
最初からペースを上げると後半が地獄のようにきつい。

● 規則的に走る
毎日走る必要はありませんが、3日連続で休まないのがポイントです。

● 走る距離、回数を増やしていく
スピードより、走る距離や回数を少しずつ増やし、より長くたくさん走れるようにします。

● 持続走を中心に
練習は、時間走(一定の時間走る、たとえば30分間走る)、距離走(一定の距離を走る、たとえば5km走る)といった持続走を中心に進めていきます。

http://matome.naver.jp/odai/2138199647866202601?&page=1

やはり規則的に走らないといけないようだ。
せっかく体が走ることに慣れても1周間あけると鈍る。
また長距離を走るのだからある程度長距離を走る練習がないといけない。

フルマラソンは「25km」+「15km」+「2.195km」で構成されていると考えてみよう。25kmまではペースをコントロールして進み、25~40kmの15kmはペースをそれほど意識することなく、楽に走ることだけに集中。ラスト2.195kmはフィニッシュタイムを意識してがんばる、というレースプランだ。


25kmを一定ペースで走るためには、そのペースよりも少し速いペースで15kmほどを走ることができれば、25kmまでスピードをコントロールして走ることができる。


そこで、普段の練習から「ペース」を徹底的に意識した。例えば、6kmほどをゆっくりジョグしたあとに、1km走を1本を行った。この1kmではタイムを計測して、どれぐらいのペースで走っているのかを把握するのだ。全力で走るわけではなく、レース本番よりも少し速いくらいのペースでちょうどいい。


土曜日のハイキングでわざと疲労させた状態を作り、翌日の日曜日に約14kmを走った。これは2日目のロングジョグが重要で、レース本番の25km以降の走りを想定している。レース2週間前のペース走も同様だが、人間は一度“刺激”を与えることで、同じような刺激が来ても大丈夫なように、筋肉が勝手にパワーアップしてくれる「超回復」を期待したトレーニングでもある。

http://toyokeizai.net/articles/-/54622

上の記事ではちゃんとフルマラソンを完走している。
同じくらいの体力しかないので、現実を見据えて同じ作戦で狙ってみる。


練習計画は以下のサイトを使うとかなり便利だ。

このサイトに自分の実力、練習頻度、練習強度、目標とする大会の日時を入れれば、自動的にトレーニング計画を立ててくれるとっても役立つサイト。
www.asics.co.jp

早速スケジュールどおり走ります!